増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2003年目次 > エッセイ第12回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2003

口を開けずに走るコツ

 体育の授業で長距離を走るとき、よく「息は『吸って吸って、吐いて吐いて』ですよ」と習いませんでしたか?
 この呼吸法はよく知られている。でも、吸うのは「鼻から」ってことは、あまり教えられていないみたい。一説には、日本人の半数以上が口呼吸という。
 そのせいか、日本のマラソン選手も口呼吸が多い。現役時代の私もそうで、レース後半になると、口がパカァ〜と開いて、なんだかだらしなかった。
 反対に、欧米の選手はすごく鼻呼吸を意識している。先日、ロンドンで女子マラソン世界最高記録を作ったポーラ・ラドクリフ選手(英国)は、あの日もノーズクリップをつけていた。
 「鼻が高いからつけられるのかしら」なんて、ペチャ鼻の私なんぞはうらやましいが・・・・・・。あれは、鼻腔を開いて鼻呼吸をスムーズにしてくれるのだ。鼻呼吸の方が酸素を多く取り込めるとする専門家もいる。
 「鼻呼吸の方が体に良い」という説もある。空気が直接のどの粘膜に触れる口呼吸に比べ、鼻呼吸だと鼻毛など、幾重もバリアーがある。鼻の中で適度に加湿されることも、免疫力を高めるという。湿った空気の方が肺胞になじみやすいらしい。
 欧米などでは、子どもが3歳くらいまで、おしゃぶりをくわえさせているので、自然に鼻呼吸が身に付くようだ。
 さわやかな初夏のランニング。ちょっと鼻呼吸を意識してみませんか?

(朝日新聞/2003年5月17日掲載)

次のエッセイを読む 【2003年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2020 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。