増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2012年目次 > エッセイ第15回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2012

先輩と後輩の相互刺激

 東京タワーがみかん色に輝いたオレンジデーの4月14日、福井銀行の研修会に講師としてお招きを受けました。テーマは「人間力・底力アップ」。そこで私は、マラソンは2時間以上も自分に向き合うスポーツなので、レースの後半は人間力の勝負だ!というお話しをしたのです。講演前に頭取の伊東忠昭さんにお会いすると「憧れの先輩を見つけて、どうしたら近づけるか考える。そこにマニュアルはないのです」と若い行員の皆さんに言われているとのこと。たいへん興味深く感じ、陸上長距離の天満屋チームのことを思い出しました。
 武冨豊監督率いるこのチームは、五輪の女子マラソン日本代表に4大会連続で選手を出場させていることでも有名で、今回も重友梨佐さん(24歳)が出場します。そして武冨さんも「尊敬する先輩の後ろに付いて走りなさい」と新入部員には必ず話すのです。朝練習は400mのグランドで全員一緒に走ることが多いのですが、「良く見てリズムを盗みなさい」「気持ちと呼吸を合わせなさい」と、先輩の後ろを走る選手達を叱咤激励します。またオリンピックや世界選手権などの世界大会には選手全員を連れてゆき、本番に臨む選手をサポートさせながら、同じ空気に触れることを体感させます。
 オレンジデーはみかんの産地JA愛媛の発案で始まった「お互いに贈り合って、絆を深める」という記念日。学ぼうとする気持ちがあれば、教えているつもりが教えられたりします。福井銀行も天満屋チームも、学ぼうとする後輩だけでなく、学ばれる先輩もいい刺激を受けるはずです。私も桜満開の福井にて、研修会でお話しさせて頂きながら、とても良いものを学ばせて頂きました。

(共同通信/2012年4月16日配信)

次のエッセイを読む 【2012年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2019 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。