増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2013年目次 > エッセイ第26回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2013

競い合い、励まし合い

 7月上旬スイス、チューリッヒから電車でサンモリッツへ。途中からは世界遺産に登録されている路線で、険しい山を石橋とトンネルで上り、氷河を望みながら進みました。サンモリッツに到着し、グラウンドへ行くと、真っ黒く日焼けした野口みずきさんの姿が。気温20度の中、400m×20本のインターバルトレーニングの最中でした。世界各地から来ているアスリートの中で一際小柄な野口さん。でもストライドは大きく、パワフルな走りが光っていました。
 「野口さん元気ですね」と廣瀬永和監督(シスメックス)に話すと、「元気ですよ、昨日は20km走をいいペースで出来ました」とにっこり。その隣で福士加代子さんの監督の永山忠幸さんが「野口さんの練習量が多いので、ここでは福士は別メニューにしましたよ」と。
 野口さんと福士さんは、8月10日から開催されるモスクワ世界選手権に向けて6月は米・ボルダーでの日本陸上競技連盟の合同合宿に参加。その時、大事な練習は全部一緒に行いました。「40km走では野口さんに福士は8分も遅れました」と永山さんが話すと、「トラックのスピード練習では野口は福士さんに全くついていけなかった」と広瀬さん。お互いに刺激し合いながらの練習はレースのような迫力だったそうです。そして練習後、夕食がのどを通らない福士さんに、野口さんが「明日のために食べようよ」と話すと、福士さんは野口さんと同じものをお皿に取って食べる日も。
 トラックの女王福士さんに対して野口さんは一目を置き、金メダリストの野口さんを福士さんは尊敬しています。加えて二人は苦労人なので認め合える間柄。競い合い、励まし合いながら向かう本番が楽しみです。

(共同通信/2013年7月8日配信)

次のエッセイを読む 【2013年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2019 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。