増田明美のホームページ ビデオメッセージへ各種お問い合わせへトップページへ

TOP > おしゃべり散歩道 > 2014年目次 > エッセイ第25回
プロフィール
おしゃべり散歩道
イベント情報
出演予定
執筆活動
リンク集

おしゃべり散歩道2014

自ら錬磨、心で走る

 6月下旬、岐阜の御嶽山で合宿するヤマダ電機女子陸上部を取材に。11人の選手が宿泊するロッジは標高1800mにあり、色とりどりの高山植物の花が咲いていました。「朝、山の遊歩道を散歩していたら熊の親子がいたので、後ろからそぉーっと歩きました」と監督の森川賢一さん。いつもお話しが面白い人です。選手たちも大自然の中でジョギングしていると、時々鹿や猿に会うそうです。
 6月上旬に行われた日本選手権では女子1万mで教え子の西原加純さんが優勝、2位が竹地志帆さんとヤマダ電機は1、2フィニッシュを達成。でも練習量は決して多くありません。この日は朝、全員で8kmのジョギング。午後の本練習の8000m、2000m、1000mのペース走もそれほど速くありません。「うちの練習はよそと比べると緩いでしょう。無理をさせないんですよ」と森川さんは笑います。練習がもの足りない位の方が、試合で力を爆発させられるというのが、長年の指導で分かったことのようです。
 ただ驚いたのは、選手たちは朝、昼、夕食の後、必ず20分から30分の散歩に出かけていることです。消化を良くし、体調を整えることを心掛けています。また朝食の後、近くの「濁河スポーツセンター」へ行き、自主的に体軸を鍛える練習を。そして、ロッジの濁河温泉は24時間いつでも入れますが、脱衣場には小説や歴史書が何冊も。ゆっくり半身浴をしながら読むためです。
 合宿生活に触れて、選手一人一人が自分を磨き、強くなることに集中しているなと感じました。それは体の中心(体軸)がぶれない走りにも表われていて、集団で走っていて美しいのです。心で走るチームだと感じます。    

(共同通信/2014年6月23日配信)

次のエッセイを読む 【2014年の総合目次へ】 前のエッセイを読む


Copyright (C)2001-2019 Kiwaki-Office. All Rights Reserved.
サイト内の画像・文章等の転載・二次利用を禁じます。